新しい車の乗り方!コアラクラブのユーカリプラン

まるでレンタカー1か月分!
でもレンタカーより安い!
ホンダ N-BOX
例えばN-BOX
一般的なレンタカー料金
たった2日間で
10,800!?
ナカジマ自動車のユーカリプランだと
まるまる1カ月間で
10,800円 ~(税込) ※ボーナス併用払い
毎月フラットなお支払いで家計管理も楽々!
毎月のリース料には、メンテナンス費用、税金、自賠責保険など、
リース期間中に発生する費用(必要経費)が含まれますので、お支払い額が毎月定額となります。
現金・クレジット購入とユーカリプランの支払いイメージ
さらに法人の
お客様の場合には

リース料は全額損金処理が可能

税務上リース代金は全額必要経費
(損金)として認められます。
※一部を除きます。

事務管理コストの低減

車両購入や税金支払いなどの資金管理が
不要になるため、予算管理が大幅に
簡便化されます。
メンテナンスパッケージで、さらに安心・快適!
車検も点検も全てお任せいただけます!
  • 継続車検

    基本点検整備料・完成検査料・代行料・登録印紙代
  • 法定点検

    道路運送車両法に定める 基本点検整備料
  • スケジュール点検

    6カ月毎の定期点検
  • エンジンオイル交換

    6カ月毎
  • エンジンオイル
    エレメント交換

    12カ月毎
  • ワイパーゴム交換

    12カ月毎
  • ブレーキオイル交換

    車検時
  • 冷却水交換

    車検時
月々のお支払いが軽減!
車両本体価格から残価(売却予想価格)を差し引くため、月々のお支払いが軽減されます。
リース期間満了時も選べて便利!
契約終了時には、お客様のライフプランに合わせてチョイスできます。
  • 新しい車に
    乗り換える

    次のおクルマにお乗り換えいただけます。

  • 同じ車に乗り続ける

    契約延長(再リース)で、引き続き お乗りいただけます。
    (12ヶ月または24ヶ月です)

  • 車を買い取る

    買い取りいただくことが可能です。
    経費計上された車両は原則除きます。

  • 車を返却する

    リース満了時におクルマをご返却いただけます。

    オープンエンド方式の場合、設定残価 と査定額との差額精算が必要になります。

24時間365日ロードサービスで、もしもの時も安心!
おクルマの故障や万一の事故発生に、専門スタッフが24時間365日いつでも駆けつけて、お客さまの安心をサポートいたします。
またお電話でのアドバイスも24時間年中無休で受付けています。
予期せぬトラブルや
事故に対応
  • バッテリージャンピング
  • ガス欠時の給油
  • サイドブレーキ固着
  • レッカーサービス
  • 応急作業
  • 代替者・ご帰宅サポート
  • カギ開け
  • 冷却水補充
  • 宿泊サポート
  • 落輪時の引き上げ
  • 灯火バルブ・ヒューズ類取り替え
  • 修理後運送サポート
  • スペアタイヤ交換
  • ボルト締め付け
ご契約までの流れ
  • 希望車種の決定

    自動車販売店(コアラクラブ会員店)にて、ご希望の車種をお選びください。

  • お見積書(リースプラン)の提示

    お客さまのご希望に合わせたリースプランを提示いたします。

  • ご契約の申込み

    自動車リース申込書にご記入、ご捺印後オリエントコーポレーションにて審査を行います。審査の際には、 本人確認資料(運転免許証写し等)の添付が必要となります。審査結果によってはご希望にそえない場合があることを あらかじめご了承ください。

  • ご契約の内容確認

    オリエントコーポレーションよりお客さまへご契約内容の確認をいたします。

  • ご契約

    ご契約の内容確認完了後、ご契約の成立となります。

  • 車両発注

    ご契約後、車両を発注します。登録書類をご用意いただきます。

  • ナンバー登録・納車・リース開始

    ナンバー登録・納車後、リース料のお支払がスタートします。

オートリースの仕組み
オートリースとは、ご希望の車両を一定期間、 月々一定の金額で賃借して使用する方法です。 車両代金・登録諸費用・税金・保険料等がパッケー ジされているため、購入やローンと違い、 諸費用などの資金の準備が不要です。
オートリースとレンタカーの違い
オートリースとレンタカーは「車両」を「賃借」するという意味では基本的に同じですが、特定のお客様に 専用で長時間賃借するリースと、不特定多数のお客様に一時的に賃借するレンタカーでは大きな違いがあります。
用 途 オートリース レンタカー
使用目的 計画的使用・継続的使用 一時的使用・短期集中使用
賃貸借契約期間 長期(年) 短期(時間・日・週・月)
所有者(名義) リース会社 レンタカー会社
使用者(名義) お客様 レンタカー会社
ユーザー 特定のお客様 不特定多数のお客様
ナンバープレート 所有車両と区別なし(自家用・営業用) 「わ」ナンバー(北海道は「れ」)
車種選択 その都度希望車種を調達 レンタカー会社の保有車両から選択
保管場所(車庫) お客様が確保 レンタカー会社が確保
車検・メンテナンス 契約内容によりリース料に含まれる レンタル料に含まれる
税金・保険料 契約内容によりリース料に含まれる レンタル料に含まれる
特別仕様(塗装など) お客様の要望道り可能 原則、不可能
ガソリン代 お客様が実費負担 お客様が実費負担
中途解約 原則不可能(中途解約金が発生) _
残存価格の設定
リース契約の際には、お客様のリース期間における車両予想走行距離等により残存価格を設定することが一般的です。
残存価格とはリース満了時の車両売却予想価格のことですが、
オートリース契約にはリース満了時に設定残存価格と市場価格との差額を清算するオープンエンド方式と 清算を行わないクローズドエンド方式の2種類があります。
残存価格清算方法 清算方法
オープンエンド方式
(残存価格を清算する)
車両返却時(リース満了時)に車両の査定額と残存価格を清算する。
契約書に残存価格が明記される。
査定額が残存価格を上回った場合→お客様へ差額を返却する。
査定額が残存価格を下回った場合→お客様が差額を負担する。
クローズドエンド方式
(残存価格を清算しない)
車両返却時(リース満了時)に車両の査定額と残存価格を清算しない。 ただし、以下の費用等はお客様のご負担となります。
(1)契約走行キロを超過した場合の超過清算金(1キロメートルあたり15円)
(2)内外装のキズ、へこみ、サビ等の現状回復費用
(3)お客様の故意または過失に起因する修理等の費用
(4)事故・塩害・悪臭の残留等によりリース車両の価値が減少した場合の損害額
契約書に残存価格が表記されない。